2015年11月27日

【被災地志縁】南三陸にもち米を送りますね。


ようやく古代米みどりもちが仕上がりました。
120Kの米を南三陸に送りますね





                             2015/12/27  小泉地区元気餅つきイベント
             2016/1/4   ホテル観洋 愛でたい餅つき大会

                で使われます。
                被災地はまだまだ復興とは程遠いですが、
                それぞれの人たちはちゃんと歩んでおられます。
                人と人がちゃんとつながれば未来につながっていきます。
                そのほんのワンシーンですがでんぼらからお手伝いさせ
                ていただけることに感謝します。

おもちゃ箱フェスタ③ フィナーレ

     里のもりのフィナーレは森の中での♪会です。
     石田君が素敵なコンサートを開いてくれます。

      
              かわいいメッセージです



            大勢の人が竹笛をふいて石田君と一緒にコンサートをもりあげてくれました。


            
            
            竹笛の使い方を指導
            毎日吹いてると音階も作れるようになって楽器として機能するんです。
            この竹笛は現場のおじちゃんたちが竹の収穫からカット磨きまで頑張って作ってくれました。


            もういう事ないですねぇ。
           森の妖精たちです。
           これでおもちゃフェスタは終了。

          ここからはでんぼらのフィナーレです
         みんなで晩御飯のピザを作りお持ち帰りです。



今年はスタッフ約50名でおもちゃを乗り切りました。
みんな一人も怠けずに自分のやるべき事をちゃんと
熟したね。
子どもたちの一人一人の感想も素晴らしかったですね。
子どもたちはごっこではなくちゃんと仕事してお金を頂く体験をしましたね。







おもちゃ箱フェスタ② 雨降らなくてよかったね!

毎年沢山のおつながりが集まります。




山羽造園さん!!おなじみの3人組と今年は1匹増えました[笑)





              ヘビパン屋さんは子どもたちが大はりきりです。

              看板もって営業でたりと大人顔負けの事をどんどんやってのけてしまいます。

           巴製缶さん 炭の利用でお餅を焼いて醤油付けて海苔蒔いて販売しました。
          実はこれが大誤算で 売れて売れて大変なことになりました。
           来年力入れなければね。




            お餅屋さんも子どもたちの手書きの看板でアピール!!
            こちらも売れて売れてと大繁盛でした。
            もうこれ以上は作れません・・・現場の悲鳴です。



このクラフトコーナーがなかなかの曲者です。

           結構沢山の人が来られます。今年は180人来られました。

           来年はどうなるかなー 食べるもんばかりじゃなこういう楽しい場がたくさん          あるお祭りにしたいですよね。

           里山の環境&営み体験ツアーを来年企画しますね。
           毎年、おもちゃ当日には来年の企画を作り上げて準備スタートをしています。
           365日かけてゆっくり作り上げた質の良いプログラムを提供したいですね。

2015年11月26日

おもちゃ箱フェスタ① 準備・子どもたちの頑張り

1年に1度の大きなお祭り でんぼらの子どもたちは今迄頑張ってきた成果を発揮して
みんなそれなりの結果を出します。



ピザやヘビパンに必要な米粉を作ります。



  



お姉ちゃんたちの指導でそれぞれがお店屋さんの看板を作ります





           男子は力仕事を担当してくれます。

           日本の食文化をまもろうと女子が立ち上がりました。
           数カ月かけて企画をねり自分たちが今できることを考えてくれました。

          
準備の作戦会議も皆さん熱心です。

2015年11月17日

いよいよ おもちゃ箱です。スタッフ募集。

連絡
     のびのび・のらっこ・賛助会員さんたち

     23日に手伝いに来れる人は連絡ください。
     そろそろスタッフ配置決めていきますね。

     

2015年11月13日

トライやる最終日 森林整備 お疲れ様でした

5日間の体験は子どもたちを大きく成長させます。
顔つきも態度もすっかり大人ですよ。

挨拶・聞く・話す・自分から仕事を探す・伝える・助けてと頼める
などなど自然の中での作業はコミュニケーションが取れないと危険が伴います。
4日目ぐらいから体で理解し行動に表れます。
彼たちの一人一人がどんなトライヤルを達成できたでしょう。
なにか自信がついてくれたら幸いです




   
                「倒れるぞー」 「はーい」の言葉のキャッチボールで 
                お互いの命を守ります。





              この景色は人が手入れをしないとすぐ荒れてしまいます。
             



             午後はばててしまった子供たちは腰が立たずで座り込みでの作業です。
             トライヤルでこの風景は見たことない!
             こうなると作業効率は進みません。今日中にできたはずの
             場所は半分作業が残りました。それでも彼らなりの一生懸命です。
             いいとしましょう。お疲れ様でした。

2015年11月12日

トライヤル頑張ってます

今年は 有馬北と神戸北の2校から13人が参加です。

それぞれがどんなトライヤルになるか楽しみです。

        真野小学校のササ切りの指導者になりました。

        西山小学校の稲刈のお手伝い
        薪割機械を使ってみたり
   タマネギの苗を植えて見たり
看板の設置をしたりと毎日毎日大仕事の連続です。
いよいよ明日ラストです。
  それぞれがどんな事にトライできたか聞くのが楽しみです。

西山小学校稲刈りの日

やっぱりいいお天気になりました。
西山小学校の環境学習は雨が降らない・・

久しぶりに秋空の中生徒150名ご父兄50名の総勢200名での稲刈りです。
来年の田んぼのために堆肥をまくチーム、里山に小さな命を見つけに行くチーム
稲刈をするチームの3つがローテーションで体験します。





すごいよねー
みんないい顔してます。
日本の田んぼを守るためにも沢山のお勉強してください。 



               森の中は小さな命であふれています。
              子どもたちは木が最初は小さい事を理解していきます。

牛ふん堆肥を何十回も運んでくれます。

2015年11月10日

来年も会えるといいね



いよいよ最後

みんな大きな太いネギを1本抜きとりお土産にしました。
ここの土は葉っぱでできてるんだよねー
それをお家の人に伝えるのが宿題です。



             帰りのあいさつもちゃんとできました。
子どもたちからは沢山の感想を頂きうれしかったです。
             朝とは大違いの元気な様子
中学生たちが観光ホテルの従業員のようにお見送りしてました。
         これもトライヤルです。(笑)

「里山ばすツアー」 ③ 森で遊ぶ・働く


3年生は下草刈りです。
ふだん持たないような大きなはさみを持ち1本1本丁寧に笹を刈ります。
こうやって明るい森にして沢山の命が生まれるようにしていきます。







 中学生たちはきちんと指導できていますね。



良くはたらいた素敵なお顔です。ご苦労様でした。

「里山ばすツアー」 ② 森で遊ぶ・働く

2年生は森の中の沢山の命と出あいに行きました。

子どもたちはどんな言葉にも素直に反応してくれました。

森の葉っぱが沢山の微生物によって土に代わっていく様子を目を見開きながら聞いてくれ、一生懸命目を凝らしながら地面の木の赤ちゃん探しをしたり、しいたけにびっくりしたり、木の実を見つけたりと 好奇心旺盛なこと。


どの場面にもトライヤルの中学生が子どもたちを見守ってくれてました。
おかげでけが人なしです。







              基地づくりが始まったようですね。 


真野小学校の子ども達ようこそ 「里山ばすツアー」 ①

念願がかないました!
表神戸の子どもたちがでんすぽの里山に学習として来てくれましたよ。
海の近くの子どもたちに北神戸の食に繋がった営みのある里山を体験してもらいたかったんです。

田スポ棚田は毎日誰かがお世話をしながら、衣食住につながる作業を展開しています。
この営みがあるからこそ、子どもたちにはイベント会場ではなく田舎のおじいちゃんおばあちゃんの所に遊びに来たような思い出になります。

長田にある小さな学校真野小学校の校長先生と私たちの思いがつながり、私たちはバスのチャーターをプレゼントその代り子どもたちを連れてきてくれました。

トライヤルの中学生たちは小学生のお世話係として活躍してくれて、今日の棚田は一日子どもたちの楽しい声が響き渡っていました。


長田から40分ぐらいですが朝早いのでみんなお疲れ気味です(笑)




2015年11月9日

どんぐり染め




地元の子ども会が遊びに来ました。
みんなで大量のどんぐりをひらい
染めてみる体験までつなげていきます。


               まずはどんぐりゲット!
                ぐつぐつ・・
                  まぜまぜ
思い思いの模様もついてどんぐり色に染まりましたよ。
                 来春はこれをさらに藍で染めて進化させていきますよ。
                 季節の色をコラボさせてドキドキする色に出あいましょ。